デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンの洗い方

 

デリケートゾーンの正しい洗い方を知っていますか?

 

私も以前は、デリケートゾーンってなんだかじっくり洗うのは恥ずかしいし、ささっと洗って済ませてしまうことが多い場所でした。
しかし、ある時浴槽に浸かっている時に、なんだか陰部に痒みを覚えて少しだけ掻いてみました。
すると、なんと爪に垢のようなものがくっついてきたのです。
浴槽に入る前に、全身しっかりと洗浄しているので、もちろん陰部も石鹸で洗ったはずなのですが、少し掻いただけで垢がこびりついているなんて、もしかして全然綺麗に洗えていないのかと驚きました。

 

そこで、その日の入浴後、鏡で自分の陰部を見てみることにしました。
よーく見ないと分からないくらいですが、所々に垢のようなものが貯まっています。
これは、恥ずかしすぎると反省し、翌日から意識してきちんと陰部も洗うようにしました。
デリケートゾーンの正しい洗い方でオリモノ臭い対策やデリケートゾーンのトラブル予防にも役立つと思います。

 

デリケートゾーン石鹸ランキングはこちら

 

陰部は、粘膜も多くデリケートな場所なので、直接ボディソープをつけるのはやめたほうが良いので、まずはボディソープをしっかり泡立てます。

ただ市販のボディソープは体を洗うためのものなのでデリケートゾーンには刺激が強すぎると思います。
石鹸などを直接使うとヒリヒリしたりするのはその為。
痛みを感じるという事は体に負担をかけている証拠です。
そこでデリケートゾーン専用の石鹸を使います。

 

そして、指の腹で傷つけないように、優しく細かい部分も丁寧に洗っていきます。

襞状になっているところは、めくれるとこをはめくって洗うようにします。
私の場合、ずっと石鹸が陰部につけたままだと、時々膣に少量入りかけてものすごく痛いので、粘膜部分を洗ったら即石鹸を洗い流します。

それから、再度石鹸を泡立てて、今度は外陰部の毛の付け根部分を丁寧に洗います。

さいごに、足の付け根と肛門を綺麗に洗って、石鹸を流します。
特にアソコの臭いなどが気になる場合はRoeleのようなデリケートゾーン専用のアロマ洗浄オイルを使うのもおすすめです。

 

丁寧に洗った後、鏡でチェックしてみましたが、意識して洗うだけで見事に綺麗になっていました。
デリケートゾーンって、なんだかじっくり触ってはいけない気がしていたのですが、臭いの元にもなるし、とっても大事な場所なので、恥ずかしがらずに丁寧に洗ったほうが良いですね。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策

デリケートゾン石鹸ランキング